Event is FINISHED

SaCSS Special13 : SaCSS SUMMER FESTIVAL 第2弾 FRONTEND

Description
*************************************************************************************

概要

*************************************************************************************

日 時:8月5日(土)13:30〜16:30(開場13:10)
会 場:札幌市民ホール 第1会議室(札幌市中央区北1条西1丁目)
定 員:60名
講 師:
  • 占部 紘
  • 関口 勇樹
  • 森田 かすみ
  • 長谷川 広武
主 :SaCSS
備 考:スクール形式(机あり)、インターネット環境無し
懇親会:セミナー後開催します。お申し込みが別途必要になります。
懇親会参加の方は必ず登録をお願いします。
Twitterハッシュタグ: #sacss

*************************************************************************************

各セッション概要

*************************************************************************************

JS のお勉強の話。(占部 紘)


JavaScript って何?JavaScriptで何が出来るの?どう勉強したらいいの?最近の動向などもまじえて、私がどのようにJavaScriptを勉強してきたかをお話します。

***

おれの使うさいきょうえでぃた(関口 勇樹:ショートセッション)


あなたの普段使っているエディタはなんですか?Sublime Text?Brackets?Visual Studio Code?IntelliJ IDEA?
この数年で様々なエディタが誕生し機能強化されています。しかし、どんなエディタでも使いやすい・使いづらい部分はあります。
使い慣れたエディタを使い続けることは良いことですが、私なりに考えているエディタの使い方をご紹介します。

***

コーディングしながらデザインルールをドキュメント化してみた(森田 かすみ)


普段のWeb制作ではデザインガイドラインは用意されていますか?私は社内の中でも短期で終わる案件を担当していて、デザイナーも多忙なため、私が担当する案件では用意されていることはなかなかありません。
ただ、デザイナーが多忙なときにエンジニアが代わりに新しいコンポーネントを作ったり、数ヶ月経ってからメンテナンスをすることになったりすると、デザイナーの頭の中にデザインガイドラインが存在するだけでは困ることがあります。
こういった困りごとを解決するために、エンジニアにもあまり負担をかけることなく、コーディングしながら最小限のデザインルールをドキュメント化することに挑戦してみました。
当日はエンジニアがデザインルールをドキュメント化するメリット、そしてその方法をご紹介します。

***

コーディングワークで利用している 静的サイトジェネレーターの利用方法(長谷川 広武)


弊社の静的HTMLのコーディングワークフローで利用している静的サイトジェネレータ、何をどのように使っているのか、利用することでどんなメリットがあるのかなどをご紹介します。


*************************************************************************************

その他イベントに関する詳細情報は公式サイトをチェック!

*************************************************************************************


Updates
  • 会場住所 は 札幌市中央区北1条西1丁目 に変更されました。 Orig#263248 2017-07-19 09:05:40
More updates
Sat Aug 5, 2017
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
札幌市民ホール 第1会議室(札幌市中央区北1条西1丁目)
Tickets
早割:(7月24日まで[500円引]) SOLD OUT ¥2,500
一般 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
札幌市中央区北1条西1丁目 Japan
Organizer
SaCSS
292 Followers